鎌ヶ谷市でもニーズ!福祉用具を借りるときに知っておきたい知識

千葉県の北西部にある鎌ヶ谷市にも福祉用具のニーズは多くあります。
しかし、福祉用具はポータブルトイレ等一部を除き、ほとんどがレンタルの形で利用されています。
そこで今回は、福祉用具を鎌ヶ谷でレンタルする際に知っておきたい知識についてまとめました。

鎌ヶ谷で福祉用具をレンタルするにはケアマネに相談

鎌ヶ谷で福祉用具のレンタル(「福祉用具貸与サービス」)ができるのは、鎌ヶ谷市から指定を受けた「福祉用具貸与事業者」だけです。
こういった事業者は福祉用具の専門知識がある「福祉用具専門相談員」がいて、利用者に最適な福祉用具の選択を行ってくれます。

しかし、直接事業者に依頼することができないため、レンタルする場合は、ケアマネ(ケアマネージャー)に相談するようにしましょう。
希望する業者がいる場合は、その希望を伝えると可能な限り希望に沿った業者からレンタルできるように手配してくれます。

鎌ヶ谷で福祉用具をレンタルする流れ

ケアマネージャーに相談することで福祉用具のレンタルが可能となりますが、ここではその流れについて解説しましょう。
主な流れとして、ケアマネージャーに相談、業者の選定、業者が訪問して福祉用具の提案、福祉用具の納品、契約、レンタル開始、定期的な評価、メンテナンスといったものが挙げられます。

まず、ケアマネージャーに相談しますが、相談できない場合は、鎌ヶ谷市内にあるお近くの地域包括支援センターへ連絡しましょう。
そのうえでケアマネージャーが自宅を訪問してくれて、ケアプランを作成します。
そして、業者を決めてくれます。
業者が決まったら、その業者に所属する福祉用具専門相談員が自宅を訪問します。
そこで必要な福祉用具を決めましょう。
福祉用具が決まったら業者が福祉用具を納品してくれます。
この時、きちんと使えるか確認も行います。
そのうえで正式にレンタルが決定して利用者と福祉用具貸与事業者が契約する流れです。
このようにしてレンタルは開始されますが、定期的にメンテナンスや様子の確認で福祉用具専門相談員が訪問します。

千葉市で利用できる訪問介護事業のサービス内容

訪問介護制度は現代日本において重要な役割を果たしています。介護が必要な高齢者の自宅に訪問することで、要介護者の生活を手助けしたり、家族の負担を軽減できるのが主なメリットです。サービスは全国各地で利用できます。少子高齢化に伴って介護需要が増す日本では、訪問介護サービスは欠かせない存在と言えるでしょう。特に千葉市は人口集中が顕著である都心部に近く、介護需要が非常に高まっている地域です。千葉市の公式ホームページには、2040年に高齢化率は33.2%まで上昇する見通しだと語られているため、やや逼迫した状況にあります。千葉市の訪問介護事情に関する理解を深めていきましょう。

千葉市の訪問介護事業のサービス内容は?

訪問介護は利用者の入浴や食事、排せつといった身体介護を中心に生活をサポートしてくれるため、在宅生活を余儀なくされている方に嬉しいサービスです。介護福祉士・ホームヘルパーが直接自宅に赴くため外出の必要もなく、必要に応じて買い物なども代わりにおこなってくれます。千葉市で利用できる訪問介護サービスは200件以上あります。県庁所在地ということもあり人口が多く、訪問介護サービスの需要は高まり続けていると言えるでしょう。

介護制度に関する取り組みについて

千葉市では介護保険制度を利用する方法を民生委員に相談できます。民生委員は非常勤の地方公務員で、社会福祉市の窓口に連絡して訪問介護サービスを受けられるように対応してくれるスタッフです。民生委員が勤務する保健福祉センターは市内に六箇所あるため、サービスや保険を利用したい場合はお住まいの地域で活動する委員に相談しましょう。また、その他の取り組みに関しては千葉市の公式ホームページ内にある「健康・福祉」のカテゴリに記載されています。要介護認定を受けた人物をサポートしてくれる施策(生活福祉資金の貸付・日常生活自立支援事業・住宅改修費支援)を適宜確認してください。

訪問介護は社会福祉の維持に必要不可欠なサービスです

千葉市の訪問介護事情について充分にご理解いただけたでしょうか。訪問介護は社会福祉を維持するために必要不可欠な存在です。千葉市は高齢者が住みやすいまちを作るために施策をおこなっているため、市民は他にも便利な介護サービスを利用できます。必要に応じて市役所や介護サービス事業者にご相談いただければ幸いです。

訪問介護の利点は?鶴見区で利用できる介護サービス

横浜市を構成する行政区として知られる鶴見区は、港付近の南部エリアに公園があることで有名です。大黒海づり公園では釣りを楽しむことができるため、鶴見区の住民がよく訪れます。晴れの日に眺める海は壮観で、内陸部には山もあるためアウトドア人気もあります。しかし今回ご紹介するのは鶴見区の観光スポットではありません。近年需要が高まる訪問介護サービスを解説させていただきます。

訪問介護のメリット

訪問介護とは、その名の通り自宅に介護福祉士やヘルパーが赴くことで在宅のまま介護を受けられるサービスを指します。住み慣れた自宅で介護サービスを受けられるのは利用者にとって大きいメリットです。介護と言えば他の利用者と介護施設で暮らすイメージが強いものですが、その場合に利用者へかかるストレスは見逃されがちです。自宅を離れて受ける介護にストレスを与えられる高齢者も多いため、利用者に負担をかけない訪問介護は非常に便利なサービスだと言えるでしょう。

自己負担は何割?

訪問介護の自己負担はおよそ1~3割です。利用者には要介護認定の段階ごとに区分支給限度額が規定されているため、介護保険からの給付が与えられます。訪問介護の料金は時間と受けるサービス内容によって決まります。利用する際は訪問介護サービス事業の料金表を確認しましょう。ただし、利用には居宅介護支援事業所に所属するケアマネージャーと個別契約した上で相談、ケアプランを作成しなければなりません。自分一人で判断せず、ケアマネージャーに必ず相談しましょう。

鶴見区で利用できる訪問介護サービスは?

鶴見区で利用できる訪問介護サービスは60件以上あります。自宅で介護を受けられる点は共通していますが、受けられるサービス内容には差異があります。入浴や食事、排泄の介助のほかにも買い出しや洗濯・掃除など、事業によって受けられるサービスと受けられないサービスがあるのです。必要に応じて利用する訪問介護事業を選択してください。

介護の心得

介護は簡単ではない

介護は想像以上に過酷で、大変という言葉では片付かないほど。ただ経験がない人から見ると「大袈裟過ぎる」と、思われるかもしれません。大袈裟と感じている人になればなるほど、介護で倒れてしまうものです。
そこで、親族の介護を控えている人に向けて、介護に対する心得を紹介。覚悟を決めてやれば、過酷な介護も乗り越えられるでしょう。

介護サービスのチェック

最初にチェックしたいのは、介護サービスです。広島市でも介護サービスをおこなっている事業所がありますので、利用を検討してみましょう。
介護サービスを利用するにあたりチェックしたいのが、介護保険サービスです。介護保険サービス内であれば、負担はかかりません。保険内のサービスの場合は、訪問介護の利用は可能。食事介助やトイレ介助・入浴介助も対応可能。担当のケアマネと相談すれば、無理のない範囲内で介護サービスの利用ができるでしょう。なかには、介護保険外のサービスを承っている所もあります。家計に余裕があるのなら、介護保険外サービスの利用も検討してみましょう。

誰かに相談しよう

介護をすすめるには、誰か信頼できる人に相談しましょう。慣れない介護は、トラブル続きです。時には、まさかの事態に直面することもあるでしょう。もしも誰にも相談しないまま介護をすれば、介護をする側が倒れてしまいます。
まずは、主治医に相談。主治医に相談する内容は健康だけと思われるでしょうが、普段の生活の悩みも聞いてくれます。主治医はケアマネと連携を取っているので、ほんの些細な相談も需要な情報になります。

ほどほどにする

介護を行う上で最も重要な心得は、頑張りすぎないことです。介護は、ゴールは見えません。真面目に取り組んだからとは言え、何かの報酬も得られません。「こんなに頑張っているのに報われない」となると、余計に追い詰められます。
介護サービスの活用・主治医やケアマネと連携・他のご家族の方の協力も必須。介護途中でも「疲れた」と感じたら、お菓子をポリポリ食べるのもありです。

通院が難しい時は介護タクシー!

病院の付き添いはかなりハード!

体が不自由になってしまった親を連れて、通院するのはかなりの負担になります。最近は福祉車両も多くなり、一昔前と比べればまだ良い方かもしれません。
しかし病院に到着すれば、良いという話ではないのも事実です。後で詳しく述べますが、移動介助や病院スタッフとの打ち合わせもすすめる必要があります。福祉車両がいくら発達したとはいえ、移動手段の1つにしか過ぎません。そこでおすすめしたいのが、介護タクシーです。広島市でも介護タクシーを承っている業者がいくつかありますので、利用してみることをおすすめします。

介護タクシーのメリット

「介護タクシーは移動手段の一貫でしかない」と、いう声もあるでしょう。介護タクシーの主な利用方法は、確かに移動です。通院はもちろん、役所の届け出や必要な物の買い出しにも利用できます。
でも介護タクシーは、何も移動だけではありません。迎車はもちろんのこと、外出準備の際の解除も承ってくれます。また乗車介助もしてくれますので、利用者にとっては至れり尽くせりでしょう。目的地に到着後も、移動介助のサポートが受けられます。

通院の大きな助けになる

介護タクシーの利用目的として多いのが、通院でしょう。介護タクシーでは病院までの送迎だけでなく、移動介助も受けられます。
通院は利用者にとっては大仕事。病院で診察を受けるだけでも、かなりの重労働です。病院の受付から診察室までの移動も、大変な作業になるでしょう。でも介護タクシーを使えば、受付から診察室までの移動を助けてくれます。業者によっては、病院受付や薬の受け渡しも代行してくれるでしょう。

介護タクシーの注意点

介護タクシーを使えば、通院の負担もかなり軽減されます。ただし何もかもサポートしてくれる訳ではないので、要注意です。運転手が病院での付添は原則NG。先程取り上げた病院内での移動介助に関しては、あくまでも移動が難しい人に限定されます。
介護タクシーを利用する際には、広島市が決めたルールに従う必要があります。詳細については、直接広島市までお問い合わせ下さい。

福岡市で放課後等デイサービスを利用するには?

6歳~18歳までの障がいのあるお子さんや発達に特性のあるお子さんに対応し、放課後や長期休暇に利用できる福祉サービスが放課後等デイサービスです。
この放課後等デイサービスは福岡市内にも多くあり、利用しやすい環境にあります。
今回は、この放課後等デイサービスを福岡市で利用する場合の流れについて解説しましょう。

最初に通所受給者証を福岡市で発行してもらう~放課後等デイサービス申請前の準備

放課後等デイサービスは福祉サービスなので、公的な支援が得られるのが特徴です。
この受給者証には保護者と児童の住所、氏名、生年月日、サービスの種類、その支給量(日数や時間数)の記載がされており、これは福岡市でも例外ではありません。
受給者証には2種類あり、「福祉サービス」を受けるためのものと「医療」を受けるための受給者証があり、放課後等デイサービスを利用する場合は、福祉サービスを受けるものを用意しましょう。

この受給者証は、福岡市の各区役所の福祉窓口でも相談できるので、事前に取得しておきます。
そのうえで放課後等デイサービスの手続きを開始しましょう。

放課後等デイサービスを受ける流れ

福岡市で放課後等デイサービスを受ける流れは、最初に市内の放課後等デイサービスを見学します。
そのうえで、通いたい放課後等デイサービスがあれば福岡市の区役所などで放課後等デイサービスの利用申請を行いましょう。
その際、必要書類(医師の診断書やサービス等利用計画案など)を作成して提出する必要がありますが、福祉の窓口に紹介された指定相談支援事業者に依頼して作成することもできます。
書類提出後、福岡市の調査員によるヒアリングが行われ、利用に問題なければ放課後等デイサービスが利用できるようになります。

福岡市の放課後等デイサービスは様々な施設があり、プランも多様です。
気に入った放課後等デイサービスを探しにいくつかの施設を訪問してみましょう。

小林市の持つ特性が活かされた就労支援により皆の人生が豊かになる

小林市は、北は熊本県、南は鹿児島に接する場所に位置します。霧島連山や九州山地などの山岳が連なり緑豊かな森林や清らかな河川など自然豊かな地域です。小林市には良質な農地が広がり地質遺産や温泉など地域資源が豊富です。

地域の特性を活かした体験型観光などが楽しめる小林市

小林市には、良質な農地や名水百選に選ばれるような清らかな水があります。水などの恩恵から、野菜や果物などの栽培が盛んで農産業が小林市の基幹産業となっています。例えば、完熟マンゴーや宮崎牛、チョウザメ、野菜など豊富な農産物に恵まれています。また、豊かな自然環境を活かし体験型の観光として梨、ぶどう、栗などの観光農園も盛んです。他には、農作業体験や料理作りなどさまざまな季節の田舎暮らしが体験できる農家民泊なども用意されています。

地域の特性を活かしたまちづくりを進める小林市

小林市では、地域の特性を活かしたまちづくりを目指しています。また、少子化に対し地域で子どもを見守りながら成長できる社会づくり。高齢者が安心して住める環境の確保や保険、医療、福祉サービスの向上に努めています。また、ボランティア活動や生涯学習、地域福祉活動など活発な住民活動を通して、まちづくりに生かすことです。小林市では就労支援も行われています。これは、何らかの事情によって一般企業などへの就職が困難な方の社会参加へのサポート事業です。

社会とのつながりによって人生を豊かにする就労支援

就労支援では、その人の状況に応じて就労を実現できるように国が行う支援です。これは、通常の就労が困難に対して行われる支援となっています。支援対象者には、いくつかの条件がありますが障害や疾患、経済的困窮者、高齢者が主な対象となっています。就労支援では、収入をえることだけではなく就労を通じて社会とのつながりによって、生活や人生を豊かにするという目的が強くなっています。小林市では、農産業などが盛んなことからの農作業に関連する業務なども多くあるようです。