神奈川でも大活躍!清掃業の気になる仕事内容とは?

神奈川県には数多くのビルや商業施設があります。
そんな場所で大活躍しているのが清掃業のスタッフです。

神奈川県で大活躍する清掃業の仕事内容とは?

神奈川県は数多くの現場で清掃業の方が活躍しています。
しかも、非常に多くの人材を募集しており、今も求人情報を目にすれば数多くの求人があります。
そんな清掃業の仕事内容は、一般住宅、ビル、病院、乗り物、ホテル、イベント会場、レジャー施設といった場所によって異なります。

神奈川県の清掃業の種類とは?

一般住宅の場合はハウスクリーニングが代表的です。
神奈川県にも多くのハウスクリーニングがあり、そう言った会社に所属して一般住宅へ訪問して掃除します。
ビルの清掃業は様々なものがあります。
ビル内清掃が主な業務になりますが、窓ふきやビルメンテナンスも清掃業に含まれることも少なくありません。
病院清掃も清掃業で行われる業務です。
特に衛生管理に気をつけて行うため、消毒や細かな部分の清掃技術も要求されるだけでなく、感染対策をしながら従事するので体調管理も必要です。
乗り物の内部清掃も神奈川県では少なくありません。
列車やバスなどの清掃を行うケースがあり、交通機関の会社から依頼されて行っています。
ホテルでは、ロビーのような共有部分と客室担当に分かれて清掃をしています。
一般的な清掃業と異なり、脚質担当はアメニティの補充や設備の動作確認も業務に含まれているのが特徴です。
神奈川ではイベントも多く、イベント会場の清掃業もあります。
コンサートやライブなどのイベント終了後に行い、ゴミ収集や座席の清掃、椅子と机の撤去も業務に含まれます。
レジャー施設も神奈川県に多いのでこういった場所でも清掃業が活躍しています。
床やシートの拭き掃除、トイレ掃除などがメインですが、飲食物のごみも多いので、それらの清掃も行っているのが特徴です。

中小企業の製造業で働く

大手企業だけではなく中小企業での製造業はどんなイメージをお持ちでしょうか?あらゆる製造業のお仕事もありますが、直近で働いている内容でご説明致します。

これを聞いた上で中小企業の製造業のメリット・デメリットを理解頂ければと思います。

中小企業と大手企業の大きな違い

中小企業は大手企業と違いと言うと3点あげられます。

まず1点目は福利厚生の違い、大手企業は手当、などから含め従業員に対しての還元を良くしている方向があります。

中小企業は手当などは少なく必要最低限の事が多いです。

なので求人サイトなどで見抜くべきポイントは手当が家族手当のみで他の記載が無い場合は要注意です。

中小企業の製造業で働くメリット

中小企業では中途入社の方も多く、中途入社から努力次第で上に上がれるチャンスはあります。

それは従業員数が大手企業と比べても少なく、1人1人の発言・行動力が目立つ為です。

なので中小企業はある意味中途入社の方にとってはチャンスの場であると考えられるます。

自分の行動次第では会社事態を大きくする事もできますし、そのまま会社の流れにまかせ働き続ける事も出来ます。

中小企業の製造業で働くデメリット

メリットで書いた文面と逆で、従業員が大手企業より少ない為、下手な事をすると目立ちやすいですし、悪い評判もすぐ広がります。

また他の企業に比べ上司の好き嫌いで上に上がれるか上がれないかがはっきりします。

中小企業製造業の給料

他の職種に比べ給料は低いです。

部長クラスになっても年収600~700万円くらいですので、平均的にみると350万円~450万円なので独身の方は不自由はないですが、既婚者の方には節約した生活にはなります。

仮に大手企業から転職されて中小企業で働かれた場合、以前より肉体的・精神的に辛いが給料が安いと感じられる方は非常に多いと思われます。

まとめ

中小企業の製造業で働くという事はチャンスではありますが、肉体的、精神的にも辛く感じる時期がある場所だと思われます。

中小企業で働いて上に行ける所まで上がって再度転職するというのも一つですが、そこの会社で定年まで働き続けるという事も会社にとって大きく貢献していけます。

製造業は楽だと思われている方もいるかもしれませんが、簡単な作業の中でも奥深く、常に効率性を考え行動していかないと他の人に抜かれてしまいます。

考えて動く事を重要視でき、中小企業の製造業を大きくしたいと考える方であればチャンスではあります。

チャンスを掴み成功体験を作りたい方などは中小企業の製造業で働くのは一つです。

ただし安易に楽そうなどの考えで選ぶのはやめましょう。

この記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

中小企業での製造業で働いてみようと考える方の参考になれば嬉しいです。

  

長野で林業をする!気になる林業の仕事は?

日本でも有数の森林地帯を持つ長野県、ここでは古くから多くの人々が林業に関わってきました。
そんな長野の林業はどのような仕事なのでしょうか。

長野の林業ってどんな仕事?林業の一年のスケジュール

長野は冬、雪が降ることが多い地域ですが、基本的に一年を通じて業務を行っています。
その流れは、地ごしらえ、植栽、下刈り・つる切り、枝打ち・除伐、間伐の5つの工程をこなしていくものです。

まず、地ごしらえは冬の終わりから春先に行う作業です。
これは2~3月に行う作業で、立ち木を伐採した跡地を整備する仕事になります。
南信州など長野の地域によっては比較的雪が少ないので、こういった作業をすることも多いです。
また、雪が降る地域でも1月は木を雪から守る作業として苗木の保護を行う作業をしています。
さらに、実力があれば搬出しきれなかった木を搬出することもあります。
植栽は、春先に行う作業で苗木を植える作業になります。
これによって将来の木材となる木を育成していくのが特徴です。
夏場は下刈やつる切りを行います。
苗木をはじめ、木の成長を邪魔する雑草や生産対象でない雑木を刈り払って成長を助ける作業です。
秋になると除伐と枝打ちを行っていきます。
除伐は、苗木のうち成長の良くないものを伐採して間引く作業で、それも見越して春先に苗木を植えています。
枝打ちは余計な枝を切り落していく作業です。
長野は秋が短いので早めに行っていきます。
並行して伐採を行い、出荷に備えて雪が多少降っても継続していく形です。

長野は雪が降っても可能な限り林業の作業をする

林業は危険を伴う作業が多くありますが、安全を確実に確保しつつ雪の中でも木材となる木の出荷作業を進めていきます。
また、並行して苗木の保護をするなどの処置を行うことで、将来的な木の保護を進めているのが特徴です。
一見過酷なように思えますが、長野以外も地域でも特有の事情によって基本的な流れ以外の作業も多くあり、決して長野の林業だけが大変という訳ではありません。

茨城県でみる印刷会社の求人事情について

印刷会社の今後の需要

スマートフォンの普及によって、SNSなどの広告を利用することで、チラシなどが必要なくなる企業さんも数多くあります。
そのため、以前よりも印刷物の需要は少なくなるという印象を持っている方も多いことでしょう。
しかしながら、近年のコロナウィルスの流行によって、SNSを利用した広告とチラシを使った広告など、両方が必要になってまいりました。
理由としては直接対面で行う、いわゆる飛び込み営業が少なくなったため、SNSを使用したDMやチラシ配りが頻繁に行われるようになったためです。

企業によってはどちらか一方に偏ることもありますが、地方の場合チラシ配りのみの企業も多いのです。
また現在はインターネットを利用してチラシ制作を地域関係なく注文することも可能のため、専用のホームページを活用した方法が一般的になるなど、現在も印刷会社が取り巻く環境は変化しつつあるのです。

茨城県の印刷会社の求人事情

茨城県では印刷会社の求人情報が様々な場所で見ることができるでしょう。
派遣社員などの求人も多いでしょうが、正社員での求人もあるのが実情にあります。
パソコンを使用した業務だけでなく、清掃や梱包などといった業務、さらに従事できる年齢も20代だけでなく30代や40代といった世代にも幅広く募集をかけているので、様々な世代が転職できる受け皿にもなります。
未経験でも可能な企業もあるので、そうした求人を細かく見ながら就業の判断をするといいでしょう。

さらに、関東地域では現在もイベントなどで印刷物を必要とする需要はまだ多くあり、そうした需要から今後も事業としても長く続くことが期待されます。
そういったイベントなどにも幅広く関わることができるので、今後働いてみるのもいいかもしれませんね。

転勤時の引継ぎやマナーについてお話しします

転勤が決まったら、引継ぎをスムーズにするにはどうすればいいか迷っていませんか?

後任者や取引先に、迷惑にならないように準備しておきたいですね。

今回は、転勤時の引継ぎやマナーについて紹介します。

この記事を読むと初めての転勤でも、慌てないコツがわかります。

【異動・転勤の方必見!】デキる社会人のスマートな引き継ぎポイント4つ | リクナビNEXTジャーナル

スケジュールを立てる

転勤が決まったら、スムーズに引継ぎをするためにスケジュールを立てます。

残された日にちから、いつまでに何をしたらいいのか段取りを決めることが大切です。

誰に何を引き継ぐか、項目を決めて後任者に引き継ぎましょう。

作業を決めるときに、便利なのがマインドマップです。

細かい業務を書き出すことにより、漏れがなくなるのがメリットです。

引継ぎを文書にする

引継ぎを文書として残すと、後任者へのミスも少なくなります。

業務の流れや・やり方・注意点を記載します。

過去のトラブルも載せておくと、後任者も助かるでしょう。

情報管理のために、保管場所なども決めておくことも必要です。

引継ぎを行う

引継ぎの文書の作成が終わったら、後任者と一緒に引継ぎを行います。

実際にやり方を見せることで、具体的にどんな仕事をしていいかわかるのがメリットです。

一方的に話さないで、後任者が理解しているかどうかを確認するのがマナーになります。

フォロー期間をとることで、後任者が質問しやすくなります。

後任者が新人と経験者の場合は、教えるスピードや内容も違ってくるので注意しましょう。

転勤後のケアも大切

転勤した後も、後任者のケアは業務をスムーズに行う上で必要です。

仕事が慣れたと思う頃に、電話やメールで様子を聞いてみましょう。

なにかあったときは、「遠慮しないで連絡してください」と伝えておくだけでも、後任者は安心感があります。

社内で詳しい人がいる場合は、連絡先のメモを渡しておきます。

まとめ

今回は、転勤時の引継ぎやマナーについて紹介しました。

アンケートによると、6割を超える人が引継ぎに不安を感じているという結果が出てきます。

最初にスケジュールを立てて、マインドマップを作成します。

業務を文書にして、後任者と一緒に引継ぎを行いましょう。

相手の経験や気持ちを優先して、引継ぎをするのがマナーです。

引き継いだ人とまた一緒に仕事をすることもあるので、印象を良くしておくことは大切です。

仕事を停滞させないためにも、気持ちのいい引継ぎをしましょう。