東京には金融システムを手掛ける企業が多い!

東京はアジアでも有数の金融街や金融機関の本支店があります。
そのため、それを支えるシステムである金融システムの開発でそれらを支える企業も数多くあります。
東京にある金融システムの会社はどのような業務を行っているのでしょうか。

東京にある金融システムの企業の業務内容

金融システムには、様々なものがあります。
主なものでもメインフレーム系ソフトウェア、オープン系ソフトウェアといった2つに大別されます。
そして、それらの運用を行うためのメンテナンスやコンサルティングも業務として行われているのです。
これらについて次の項目で解説しましょう。

東京の金融システムの業務内容を紹介

メインフレーム系ソフトウェアは、大規模基幹システムのことを言います。
金融機関の根幹の業務を管理するソフトウェアで、信頼性、安全性の高いシステム開発を行います。
要件定義から設計、製造、さらには動作テストに至るまで実施しているのが特徴です。
これらの業務は一括で行う企業もあれば、専門企業が集まって行うこともあります。

オープン系ソフトウェアは、利用者が触れるようなシステムを言います。
ATMであったり、サービスアプリといったものがイメージしやすいのではないでしょうか。
こういった製品開発も金融システムを手掛ける企業が対応しています。

ソフトウェアのメンテナンスは、新機能の追加や変更といったことでメンテナンスを行っている点が特徴です。
金融システムは、作って納品して終わりというのではなく、機械と同様に定期的なメンテナンスを行ったり、改良を行ったりといったことを実施しています。

最後がコンサルティングです。
コンサルティングというと経営のイメージがありますが、システム導入や課題解消といったIT分野、金融システム分野にもコンサルティング業務が存在します。
情報技術のプロフェッショナルの観点から金融システムを分析、提案しているので、東京では特にそう言った業務を行うITコンサルタントが数多くいます。

電線の歴史と種類について

18世紀に誕生した電線

時は18世紀。電気そのものがまだ珍しかった頃です。電気を移動するのは、夢のまた夢の話です。ところが、湿った麻紐に絹糸で吊るしたものを使って、電気を移動させることに成功しました。当時はわずかな距離でしか移動できなかったものの、ものすごい進歩です。
以降も次々と実験。麻紐の代わりに金属線を使うと、かなりの距離まで電気を送ることができるようになったのです。後の「電線」です。電気を送る技術は日本にもやって来て、電線が作られるようになりました。江戸時代に。

日本における電線の歴史

明治に入ると、電線の需要は一気に高まります。街には明かりが灯され、遠く離れた人とも電話でつながるようになりました。大正に入ると、次々と電力会社が設立。電線の製造加工も活発になったのは想像つきます。大正時代には海底ケーブルも登場し、通信技術の発展に大きく貢献。
昭和に入ると、アスベスト線・OFケーブル・ガラス巻線も登場。戦後はビニール絶縁d年線の製造も開始されました。

電線の種類は?

電線の種類は、主に電力用電線・通信用電線・光ファイバケーブル・巻線の3種類あります。電力用電線は、電気を運ぶのを目的とした電線です。発電所によって発電された電気は、鉄塔や地下に埋められた電線を通り、変電所を経て各家庭や施設に届けられます。
通信用電線は、電気信号を伝える電線です。電話は通信用電線によって、相手に伝えられるようになっているという訳です。最近は光ファイバケーブルが用いられており、インターネット接続にも使われています。巻線は機器内部にコイル上に巻かれたもので、機械エネルギーを電気エネルギーに変えて発電するものです。

電線を製造加工している業者

電線を製造加工している業者は、日本全国各地にございます。販売も承っている所もございますので、検討してみるのもいいでしょう。
ネット通販を覗いてみると、電線の販売は意外とあります。ただネット通販で売られているものになると、どこの業者が製造加工しているのかいまいちハッキリしません。生活に関係しているものになるからこそ、確実なところを選びたいものです。

お金を貯める方法が分かる本

自分自身と同じ30代にも関わらず、すごい金額のお金を貯められた体験が書かれており、とても興味が湧き本を読みました。

なかなかお金は貯まっていかないため、少しでも本を参考にして、貯金が出来ればと思いました。

投資信託で資産運用

本の中では、投資信託を行って資産を築いた内容が記載されています。

投資信託は、名前を聞いた事がある位で、実際にどのような資産運用なのかも知りませんでした。

投資信託に関する始め方や資産運用する際の3つのルールなどが、紹介されておりとても勉強になりました。

特に3つのルールで、基準価格をチェックしながら積み立て、売却をしていく方法などは、とても参考になりました。

投資信託の内容を全くと言っていいほど、知らなかった自分でもある程度理解する事が出来て、分かり易かったです。

実際に投資信託を行う場合の注意点、筆者の方が実際に行ったルールなども、参考になる内容が多いです。

これから資産運用を検討している人にとって、とても役に立つ内容が詰まった本だと感じました。

不動産による資産運用

本の中では、投資信託に加えて不動産投資についても紹介がありました。

筆者の方は、投資信託に加えて不動産投資も行った経験が書かれています。

私は、不動産投資も全く内容を知らなかったので、一から本を読んで不動産投資に関する知識を得られました。

筆者の成功体験をもとに、不動産投資の方法などが紹介されており、実際に不動産投資をする場合には、とても役に立つ内容が多いです。

不動産投資を実践する事が出来る意思や行動力、初期投資の資金などは尊敬をしました。

シンプルな内容にまとめられているので、投資に疎い自分でも理解しやすい本でした。

まとめ

自分と同じ30代で、資産を形成している筆者は本当に凄いと感じました。

自分は本を読んで、同じように実践する事は難しいですが、将来や老後の資金作りのためにも、本を読んで投資に興味が湧きました。

本の中で、紹介されていた投資信託や不動産投資など、始め方やルールを勉強して、先々投資を始められると良いと思いました。

筆者が本当に行った投資に関するノンフィクション作品で、これから投資を始めようと考えている人には、お勧め出来る内容です。

福島の教材販売の仕事はどんな仕事なのか

営業の種類には

教材販売は、飛び込み営業のイメージがあります。
営業には、一般営業とルート営業があります。
一般営業は、新規顧客を開拓していきます。
一人何件とかノルマがあります。
ルート営業は、定期訪問と呼ばれます。
1日数件から多い時は10件程度の学校を訪問します。
ノルマはありません。
お客様は学校の先生です。
教育委員会と接することもあります。
忙しい時期は特に、入学前や新学年前です。
先生も忙しいので、なかなか捕まらないことがあります。
先生たちの予定や行動を把握して、動いていかなければなりません。
先生とのコミュニケーションが大切です。
質問されることもあるので、教材についての知識を持っていることが大切です。
顧客に対しての聞く力や提案力があり、信頼できる人材が求められます。

教材販売の仕事には資格が必要なのか

資格や知識は、不問です。
福島の教材販売の仕事は、未経験から始めた方も多数います。
営業経験がある方は、歓迎されます。
他の職種を経験されている方も、何かに役立てることができるでしょう。
学歴は、高卒以上が望ましいです。
車の免許は、あるほうがよいでしょう。
各学校を回るからです。
AT車限定でも、可能なところもあります。
事務処理をすることがあるので、パソコンの基本操作ができるとよいです。
初めは先輩と一緒に行動します。
福島の教材販売の仕事は、慣れてきたら一人で訪問にでます。
求人には、キャリア形成を図ると記載されていることがあります。
大勢の募集よりも、少人数もしくは一人の従業員をじっくり育てていく傾向が多いです。
試用期間あるいは研修期間を設けているところもあります。
給与は発生するので安心してください。
年齢制限を少しオーバーしていても、熱意とやる気で採用されることもあります。
福島の教材販売の仕事は、学校と出版社の橋渡しをする大切な役割を担います。
興味を持っていただけたら、挑戦してみてください。

新潟でセレクトショップを始めるには?そもそもセレクトショップとは?

漠然とお店を始めたい、新潟でセレクトショップを始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
セレクトショップという響きが良くて何となく選んだ小売業をスムーズに開業するために、新潟でセレクトショップを始めるポイントについて解説します。

そもそもセレクトショップってどんなお店

セレクトショップは、簡単に言えば経営者である自分が選んだブランドを販売するお店です。
単一ブランドだけで販売しているブランドショップとは対照的なスタイルの小売店といえるでしょう。
主に服を販売しますが、他の分野でも複数のブランドを扱っていればセレクトショップです。
メリットとしては、トレンドや流行を押さえて、自分のセンスで販売することができます。
新潟県では、新潟市をはじめ多くのセレクトショップがお店を構えています。

新潟でセレクトショップを始める流れ

新潟でセレクトショップを始める流れについて解説しましょう。
流れとしては、コンセプトの決定、仕入れ先の決定、出店先の決定、備品の用意、資金調達、手続き、開店です。

まず、何を売るか決めましょう。
服といってもジャンルが様々なので必要なものを売るのがポイントです。
次に仕入れ先を決めます。
メーカーから直接仕入れる方法もありますが、基本的には問屋さんを通して仕入れることが多くあります。
その理由として、メーカーの場合は大量購入でなければ対応してもらえないケースが多いからです。
単独のブランドであれば直接仕入れも可能ですが、セレクトショップの場合、よほど大きくないと困難です。
次にセレクトショップを新潟のどこで開業するか決めましょう。
新潟市のような大きな街であれば、お客さんが入りやすい代わりに競争も激しく、テナント料も高めです。
一方で、上越市等郊外の都市だと、そもそもお客さん自体が少なめになります。
自分のスタイルに合った場所に出店しましょう。
あとは、備品の用意や資金調達、手続きとしては税務署に開業届を出したり、中古品を販売する際は古物商許可を取りましょう。
ここまで出来れば、あとは開業できます。

毛利輝元の関ヶ原の戦いから学ぶリーダー論

企業は日々競争しながら永続する事を目指して、労使が協力して売上や利益の向上を目標としています。

そして企業目標を達成するには皆が団結し同じ方向で行動しなければいけません。

今回は毛利家の関ヶ原での敗北を参考にしながら現代の企業行動に生かせるヒントを考えていきたいと思います。

3本の矢で結束した毛利家

毛利元就が伝えた3本の矢の教えは、一本では折れる矢も3本であれば折れる事はないという皆の力の結束を伝えた毛利家の教えです。

元就公の教えとして、子である毛利隆元、小早川隆景、吉川元春たちは一致協力し織田信長などの戦国大名と戦い中国地方最大の大名として毛利家の勢力を順調に拡大させてきました。

しかし世が豊臣家から徳川家に移らんとするとき関ヶ原の戦いが起きます。

毛利家は隆元から毛利輝元に、小早川家は隆景から秀秋にそして吉川家は元春から広家と世代交代し、次第に3本の矢の教えが揺らいでいきます。

根回しの欠如したリーダー

石田三成から徳川家康に対抗できる大名として西軍の総大将に担がれた毛利輝元。

輝元は安国寺恵瓊の意見を入れて西軍の総大将になります。

毛利輝元は、五大老である前田家、上杉家と続々と家康の攻撃対象になっている状況を考えると次は自分ではないかという不安もあったはず。

輝元は恵瓊の誘いに乗ってしまいます。

現代社会でもそうですがリーダーが組織を動かしていく際大事な事は、有力者への根回しと強い行動力です。

毛利の場合の有力者の代表格は小早川秀秋と吉川広家です。

毛利両川体制といわれる、2つの柱ともいうべき小早川家と吉川家への協力を取り付けるための根回しは、毛利家を一つにしていくため必要な行為でした。

しかし毛利輝元はこの必要なプロセスをとらず、独断で毛利家が西軍に属する事を決めてしまいます。

信頼を喪失したリーダー

重臣に事前の相談もなく西軍の総大将になった毛利輝元。

特に強く反発したのが吉川広家でした。

広家は、毛利輝元では徳川家康に勝利する事はできないと判断し、黒田長政を通じて内応を約束します。

実際、広家は関ヶ原に出陣し、毛利軍の最前線に布陣しながら軍を動かそうとせずその結果、毛利軍は全く戦闘に参加しない事となります。

さらに小早川秀秋に至っては、東軍に内応し、西軍を攻撃する信じがたい行動に出てしまいました。

また西軍の総大将だった毛利輝元は関ヶ原の戦いに出陣せず大阪城に残るというリーダーらしからぬ行動をとります。

関ヶ原に出陣し最前線で戦った東軍の総大将である徳川家康とは違い、リーダーとは言えない行動をとってしまいます。

 

まとめ

どんな組織も勝利するためには部下となり動いてくれる人たちに同じ目的を持ちリーダーと共同歩調とってくれるために自分の行動に同意してくれるための根回しが必要になります。

毛利輝元の行動はおよそ勝利を目指して行動するリーダーとしてはありえない単独行動をとり、戦いが起きても戦場に向かう事もせず結果、家臣たちからの信頼を裏切ってしまいました。

強いリーダーであればあるほど、十分な根回しに加えて、組織の先頭にたって行動する行動力があってこそ大きい組織は動かせる事を毛利輝元の行動から学ぶ事ができます。

  

神奈川でも大活躍!清掃業の気になる仕事内容とは?

神奈川県には数多くのビルや商業施設があります。
そんな場所で大活躍しているのが清掃業のスタッフです。

神奈川県で大活躍する清掃業の仕事内容とは?

神奈川県は数多くの現場で清掃業の方が活躍しています。
しかも、非常に多くの人材を募集しており、今も求人情報を目にすれば数多くの求人があります。
そんな清掃業の仕事内容は、一般住宅、ビル、病院、乗り物、ホテル、イベント会場、レジャー施設といった場所によって異なります。

神奈川県の清掃業の種類とは?

一般住宅の場合はハウスクリーニングが代表的です。
神奈川県にも多くのハウスクリーニングがあり、そう言った会社に所属して一般住宅へ訪問して掃除します。
ビルの清掃業は様々なものがあります。
ビル内清掃が主な業務になりますが、窓ふきやビルメンテナンスも清掃業に含まれることも少なくありません。
病院清掃も清掃業で行われる業務です。
特に衛生管理に気をつけて行うため、消毒や細かな部分の清掃技術も要求されるだけでなく、感染対策をしながら従事するので体調管理も必要です。
乗り物の内部清掃も神奈川県では少なくありません。
列車やバスなどの清掃を行うケースがあり、交通機関の会社から依頼されて行っています。
ホテルでは、ロビーのような共有部分と客室担当に分かれて清掃をしています。
一般的な清掃業と異なり、脚質担当はアメニティの補充や設備の動作確認も業務に含まれているのが特徴です。
神奈川ではイベントも多く、イベント会場の清掃業もあります。
コンサートやライブなどのイベント終了後に行い、ゴミ収集や座席の清掃、椅子と机の撤去も業務に含まれます。
レジャー施設も神奈川県に多いのでこういった場所でも清掃業が活躍しています。
床やシートの拭き掃除、トイレ掃除などがメインですが、飲食物のごみも多いので、それらの清掃も行っているのが特徴です。

中小企業の製造業で働く

大手企業だけではなく中小企業での製造業はどんなイメージをお持ちでしょうか?あらゆる製造業のお仕事もありますが、直近で働いている内容でご説明致します。

これを聞いた上で中小企業の製造業のメリット・デメリットを理解頂ければと思います。

中小企業と大手企業の大きな違い

中小企業は大手企業と違いと言うと3点あげられます。

まず1点目は福利厚生の違い、大手企業は手当、などから含め従業員に対しての還元を良くしている方向があります。

中小企業は手当などは少なく必要最低限の事が多いです。

なので求人サイトなどで見抜くべきポイントは手当が家族手当のみで他の記載が無い場合は要注意です。

中小企業の製造業で働くメリット

中小企業では中途入社の方も多く、中途入社から努力次第で上に上がれるチャンスはあります。

それは従業員数が大手企業と比べても少なく、1人1人の発言・行動力が目立つ為です。

なので中小企業はある意味中途入社の方にとってはチャンスの場であると考えられるます。

自分の行動次第では会社事態を大きくする事もできますし、そのまま会社の流れにまかせ働き続ける事も出来ます。

中小企業の製造業で働くデメリット

メリットで書いた文面と逆で、従業員が大手企業より少ない為、下手な事をすると目立ちやすいですし、悪い評判もすぐ広がります。

また他の企業に比べ上司の好き嫌いで上に上がれるか上がれないかがはっきりします。

中小企業製造業の給料

他の職種に比べ給料は低いです。

部長クラスになっても年収600~700万円くらいですので、平均的にみると350万円~450万円なので独身の方は不自由はないですが、既婚者の方には節約した生活にはなります。

仮に大手企業から転職されて中小企業で働かれた場合、以前より肉体的・精神的に辛いが給料が安いと感じられる方は非常に多いと思われます。

まとめ

中小企業の製造業で働くという事はチャンスではありますが、肉体的、精神的にも辛く感じる時期がある場所だと思われます。

中小企業で働いて上に行ける所まで上がって再度転職するというのも一つですが、そこの会社で定年まで働き続けるという事も会社にとって大きく貢献していけます。

製造業は楽だと思われている方もいるかもしれませんが、簡単な作業の中でも奥深く、常に効率性を考え行動していかないと他の人に抜かれてしまいます。

考えて動く事を重要視でき、中小企業の製造業を大きくしたいと考える方であればチャンスではあります。

チャンスを掴み成功体験を作りたい方などは中小企業の製造業で働くのは一つです。

ただし安易に楽そうなどの考えで選ぶのはやめましょう。

この記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

中小企業での製造業で働いてみようと考える方の参考になれば嬉しいです。

  

長野で林業をする!気になる林業の仕事は?

日本でも有数の森林地帯を持つ長野県、ここでは古くから多くの人々が林業に関わってきました。
そんな長野の林業はどのような仕事なのでしょうか。

長野の林業ってどんな仕事?林業の一年のスケジュール

長野は冬、雪が降ることが多い地域ですが、基本的に一年を通じて業務を行っています。
その流れは、地ごしらえ、植栽、下刈り・つる切り、枝打ち・除伐、間伐の5つの工程をこなしていくものです。

まず、地ごしらえは冬の終わりから春先に行う作業です。
これは2~3月に行う作業で、立ち木を伐採した跡地を整備する仕事になります。
南信州など長野の地域によっては比較的雪が少ないので、こういった作業をすることも多いです。
また、雪が降る地域でも1月は木を雪から守る作業として苗木の保護を行う作業をしています。
さらに、実力があれば搬出しきれなかった木を搬出することもあります。
植栽は、春先に行う作業で苗木を植える作業になります。
これによって将来の木材となる木を育成していくのが特徴です。
夏場は下刈やつる切りを行います。
苗木をはじめ、木の成長を邪魔する雑草や生産対象でない雑木を刈り払って成長を助ける作業です。
秋になると除伐と枝打ちを行っていきます。
除伐は、苗木のうち成長の良くないものを伐採して間引く作業で、それも見越して春先に苗木を植えています。
枝打ちは余計な枝を切り落していく作業です。
長野は秋が短いので早めに行っていきます。
並行して伐採を行い、出荷に備えて雪が多少降っても継続していく形です。

長野は雪が降っても可能な限り林業の作業をする

林業は危険を伴う作業が多くありますが、安全を確実に確保しつつ雪の中でも木材となる木の出荷作業を進めていきます。
また、並行して苗木の保護をするなどの処置を行うことで、将来的な木の保護を進めているのが特徴です。
一見過酷なように思えますが、長野以外も地域でも特有の事情によって基本的な流れ以外の作業も多くあり、決して長野の林業だけが大変という訳ではありません。

茨城県でみる印刷会社の求人事情について

印刷会社の今後の需要

スマートフォンの普及によって、SNSなどの広告を利用することで、チラシなどが必要なくなる企業さんも数多くあります。
そのため、以前よりも印刷物の需要は少なくなるという印象を持っている方も多いことでしょう。
しかしながら、近年のコロナウィルスの流行によって、SNSを利用した広告とチラシを使った広告など、両方が必要になってまいりました。
理由としては直接対面で行う、いわゆる飛び込み営業が少なくなったため、SNSを使用したDMやチラシ配りが頻繁に行われるようになったためです。

企業によってはどちらか一方に偏ることもありますが、地方の場合チラシ配りのみの企業も多いのです。
また現在はインターネットを利用してチラシ制作を地域関係なく注文することも可能のため、専用のホームページを活用した方法が一般的になるなど、現在も印刷会社が取り巻く環境は変化しつつあるのです。

茨城県の印刷会社の求人事情

茨城県では印刷会社の求人情報が様々な場所で見ることができるでしょう。
派遣社員などの求人も多いでしょうが、正社員での求人もあるのが実情にあります。
パソコンを使用した業務だけでなく、清掃や梱包などといった業務、さらに従事できる年齢も20代だけでなく30代や40代といった世代にも幅広く募集をかけているので、様々な世代が転職できる受け皿にもなります。
未経験でも可能な企業もあるので、そうした求人を細かく見ながら就業の判断をするといいでしょう。

さらに、関東地域では現在もイベントなどで印刷物を必要とする需要はまだ多くあり、そうした需要から今後も事業としても長く続くことが期待されます。
そういったイベントなどにも幅広く関わることができるので、今後働いてみるのもいいかもしれませんね。