鎌ヶ谷市でもニーズ!福祉用具を借りるときに知っておきたい知識

千葉県の北西部にある鎌ヶ谷市にも福祉用具のニーズは多くあります。
しかし、福祉用具はポータブルトイレ等一部を除き、ほとんどがレンタルの形で利用されています。
そこで今回は、福祉用具を鎌ヶ谷でレンタルする際に知っておきたい知識についてまとめました。

鎌ヶ谷で福祉用具をレンタルするにはケアマネに相談

鎌ヶ谷で福祉用具のレンタル(「福祉用具貸与サービス」)ができるのは、鎌ヶ谷市から指定を受けた「福祉用具貸与事業者」だけです。
こういった事業者は福祉用具の専門知識がある「福祉用具専門相談員」がいて、利用者に最適な福祉用具の選択を行ってくれます。

しかし、直接事業者に依頼することができないため、レンタルする場合は、ケアマネ(ケアマネージャー)に相談するようにしましょう。
希望する業者がいる場合は、その希望を伝えると可能な限り希望に沿った業者からレンタルできるように手配してくれます。

鎌ヶ谷で福祉用具をレンタルする流れ

ケアマネージャーに相談することで福祉用具のレンタルが可能となりますが、ここではその流れについて解説しましょう。
主な流れとして、ケアマネージャーに相談、業者の選定、業者が訪問して福祉用具の提案、福祉用具の納品、契約、レンタル開始、定期的な評価、メンテナンスといったものが挙げられます。

まず、ケアマネージャーに相談しますが、相談できない場合は、鎌ヶ谷市内にあるお近くの地域包括支援センターへ連絡しましょう。
そのうえでケアマネージャーが自宅を訪問してくれて、ケアプランを作成します。
そして、業者を決めてくれます。
業者が決まったら、その業者に所属する福祉用具専門相談員が自宅を訪問します。
そこで必要な福祉用具を決めましょう。
福祉用具が決まったら業者が福祉用具を納品してくれます。
この時、きちんと使えるか確認も行います。
そのうえで正式にレンタルが決定して利用者と福祉用具貸与事業者が契約する流れです。
このようにしてレンタルは開始されますが、定期的にメンテナンスや様子の確認で福祉用具専門相談員が訪問します。

千葉市で利用できる訪問介護事業のサービス内容

訪問介護制度は現代日本において重要な役割を果たしています。介護が必要な高齢者の自宅に訪問することで、要介護者の生活を手助けしたり、家族の負担を軽減できるのが主なメリットです。サービスは全国各地で利用できます。少子高齢化に伴って介護需要が増す日本では、訪問介護サービスは欠かせない存在と言えるでしょう。特に千葉市は人口集中が顕著である都心部に近く、介護需要が非常に高まっている地域です。千葉市の公式ホームページには、2040年に高齢化率は33.2%まで上昇する見通しだと語られているため、やや逼迫した状況にあります。千葉市の訪問介護事情に関する理解を深めていきましょう。

千葉市の訪問介護事業のサービス内容は?

訪問介護は利用者の入浴や食事、排せつといった身体介護を中心に生活をサポートしてくれるため、在宅生活を余儀なくされている方に嬉しいサービスです。介護福祉士・ホームヘルパーが直接自宅に赴くため外出の必要もなく、必要に応じて買い物なども代わりにおこなってくれます。千葉市で利用できる訪問介護サービスは200件以上あります。県庁所在地ということもあり人口が多く、訪問介護サービスの需要は高まり続けていると言えるでしょう。

介護制度に関する取り組みについて

千葉市では介護保険制度を利用する方法を民生委員に相談できます。民生委員は非常勤の地方公務員で、社会福祉市の窓口に連絡して訪問介護サービスを受けられるように対応してくれるスタッフです。民生委員が勤務する保健福祉センターは市内に六箇所あるため、サービスや保険を利用したい場合はお住まいの地域で活動する委員に相談しましょう。また、その他の取り組みに関しては千葉市の公式ホームページ内にある「健康・福祉」のカテゴリに記載されています。要介護認定を受けた人物をサポートしてくれる施策(生活福祉資金の貸付・日常生活自立支援事業・住宅改修費支援)を適宜確認してください。

訪問介護は社会福祉の維持に必要不可欠なサービスです

千葉市の訪問介護事情について充分にご理解いただけたでしょうか。訪問介護は社会福祉を維持するために必要不可欠な存在です。千葉市は高齢者が住みやすいまちを作るために施策をおこなっているため、市民は他にも便利な介護サービスを利用できます。必要に応じて市役所や介護サービス事業者にご相談いただければ幸いです。

訪問介護の利点は?鶴見区で利用できる介護サービス

横浜市を構成する行政区として知られる鶴見区は、港付近の南部エリアに公園があることで有名です。大黒海づり公園では釣りを楽しむことができるため、鶴見区の住民がよく訪れます。晴れの日に眺める海は壮観で、内陸部には山もあるためアウトドア人気もあります。しかし今回ご紹介するのは鶴見区の観光スポットではありません。近年需要が高まる訪問介護サービスを解説させていただきます。

訪問介護のメリット

訪問介護とは、その名の通り自宅に介護福祉士やヘルパーが赴くことで在宅のまま介護を受けられるサービスを指します。住み慣れた自宅で介護サービスを受けられるのは利用者にとって大きいメリットです。介護と言えば他の利用者と介護施設で暮らすイメージが強いものですが、その場合に利用者へかかるストレスは見逃されがちです。自宅を離れて受ける介護にストレスを与えられる高齢者も多いため、利用者に負担をかけない訪問介護は非常に便利なサービスだと言えるでしょう。

自己負担は何割?

訪問介護の自己負担はおよそ1~3割です。利用者には要介護認定の段階ごとに区分支給限度額が規定されているため、介護保険からの給付が与えられます。訪問介護の料金は時間と受けるサービス内容によって決まります。利用する際は訪問介護サービス事業の料金表を確認しましょう。ただし、利用には居宅介護支援事業所に所属するケアマネージャーと個別契約した上で相談、ケアプランを作成しなければなりません。自分一人で判断せず、ケアマネージャーに必ず相談しましょう。

鶴見区で利用できる訪問介護サービスは?

鶴見区で利用できる訪問介護サービスは60件以上あります。自宅で介護を受けられる点は共通していますが、受けられるサービス内容には差異があります。入浴や食事、排泄の介助のほかにも買い出しや洗濯・掃除など、事業によって受けられるサービスと受けられないサービスがあるのです。必要に応じて利用する訪問介護事業を選択してください。

ミニマリストになりスッキリ、清潔な暮らしの魅力

独身、既婚問わず、自宅の部屋に物が散乱して収集が付かなくなっている人がいます。

身の回りや身近にある物で、使う物、必要な物だけにして、暮らしていく人をミニマリストと呼びます。

ミニマリストになると、シンプルで快適な生活を送れるメリットがあります。

そんな、ミニマリストのメリットについて紹介します。

無駄な浪費を避ける事が出来る

ミニマリストになると、これまで使っていた無駄な浪費を抑えられるようになるメリットがあります。

物を購入する際に、それは本当に必要な物か、はたまた不要な物かをしっかり判断出来る様になります。

実際の生活で必ず使う物は購入し、使わない物については買わないという癖が付くので、浪費が避けられ物も少なくなるメリットがあるのです。

不要な物を買わなければ、お金も溜まり一石二鳥となります。

自分の時間に余裕が持てるようになる

ミニマリストは、不要なことや今やらなくて良い事はやらないため、時間の節約も出来るメリットがあります。

必要な事以外は、省いていくので次第に時間にも余裕が出来ていきます。

自分自身が、満足、納得のいくような時間の使い方が出来る様になり、時間に余裕のある生活を送ることが出来ます。

部屋の掃除が楽になる

部屋に物が少ないと、最大のメリットは掃除が圧倒的に楽になる事です。

物が多く部屋に散乱していたり、整理整頓が出来ていないと、日々の掃除もかなりの時間を要してしまいます。

不要な物が無い状態で、生活を送っていれば、掃除の時間も短縮が出来て楽になります。

使う予定が無いけど捨てられないといった事も無くなり、シンプルでスッキリした生活が送れます。

まとめ

物が多く散らかっていると、何もをするにしても集中出来ません。

また、毎日の掃除も大変になったり、どこに何かあるのか探す手間も発生してしまい、生活するうえで非常に効率が悪いです。

ミニマリストなら、必要最小限の物だけで生活を送れるので、物が少なく整理し易かったり、掃除も楽になります。

また、余分な物を買わずにお金も貯められ、あらゆる面でメリットが出てきます。

日々の生活を見直して、ミニマリストに近づけると、シンプルで快適な生活を送る事が出来ます。

東京には金融システムを手掛ける企業が多い!

東京はアジアでも有数の金融街や金融機関の本支店があります。
そのため、それを支えるシステムである金融システムの開発でそれらを支える企業も数多くあります。
東京にある金融システムの会社はどのような業務を行っているのでしょうか。

東京にある金融システムの企業の業務内容

金融システムには、様々なものがあります。
主なものでもメインフレーム系ソフトウェア、オープン系ソフトウェアといった2つに大別されます。
そして、それらの運用を行うためのメンテナンスやコンサルティングも業務として行われているのです。
これらについて次の項目で解説しましょう。

東京の金融システムの業務内容を紹介

メインフレーム系ソフトウェアは、大規模基幹システムのことを言います。
金融機関の根幹の業務を管理するソフトウェアで、信頼性、安全性の高いシステム開発を行います。
要件定義から設計、製造、さらには動作テストに至るまで実施しているのが特徴です。
これらの業務は一括で行う企業もあれば、専門企業が集まって行うこともあります。

オープン系ソフトウェアは、利用者が触れるようなシステムを言います。
ATMであったり、サービスアプリといったものがイメージしやすいのではないでしょうか。
こういった製品開発も金融システムを手掛ける企業が対応しています。

ソフトウェアのメンテナンスは、新機能の追加や変更といったことでメンテナンスを行っている点が特徴です。
金融システムは、作って納品して終わりというのではなく、機械と同様に定期的なメンテナンスを行ったり、改良を行ったりといったことを実施しています。

最後がコンサルティングです。
コンサルティングというと経営のイメージがありますが、システム導入や課題解消といったIT分野、金融システム分野にもコンサルティング業務が存在します。
情報技術のプロフェッショナルの観点から金融システムを分析、提案しているので、東京では特にそう言った業務を行うITコンサルタントが数多くいます。

介護の心得

介護は簡単ではない

介護は想像以上に過酷で、大変という言葉では片付かないほど。ただ経験がない人から見ると「大袈裟過ぎる」と、思われるかもしれません。大袈裟と感じている人になればなるほど、介護で倒れてしまうものです。
そこで、親族の介護を控えている人に向けて、介護に対する心得を紹介。覚悟を決めてやれば、過酷な介護も乗り越えられるでしょう。

介護サービスのチェック

最初にチェックしたいのは、介護サービスです。広島市でも介護サービスをおこなっている事業所がありますので、利用を検討してみましょう。
介護サービスを利用するにあたりチェックしたいのが、介護保険サービスです。介護保険サービス内であれば、負担はかかりません。保険内のサービスの場合は、訪問介護の利用は可能。食事介助やトイレ介助・入浴介助も対応可能。担当のケアマネと相談すれば、無理のない範囲内で介護サービスの利用ができるでしょう。なかには、介護保険外のサービスを承っている所もあります。家計に余裕があるのなら、介護保険外サービスの利用も検討してみましょう。

誰かに相談しよう

介護をすすめるには、誰か信頼できる人に相談しましょう。慣れない介護は、トラブル続きです。時には、まさかの事態に直面することもあるでしょう。もしも誰にも相談しないまま介護をすれば、介護をする側が倒れてしまいます。
まずは、主治医に相談。主治医に相談する内容は健康だけと思われるでしょうが、普段の生活の悩みも聞いてくれます。主治医はケアマネと連携を取っているので、ほんの些細な相談も需要な情報になります。

ほどほどにする

介護を行う上で最も重要な心得は、頑張りすぎないことです。介護は、ゴールは見えません。真面目に取り組んだからとは言え、何かの報酬も得られません。「こんなに頑張っているのに報われない」となると、余計に追い詰められます。
介護サービスの活用・主治医やケアマネと連携・他のご家族の方の協力も必須。介護途中でも「疲れた」と感じたら、お菓子をポリポリ食べるのもありです。

電線の歴史と種類について

18世紀に誕生した電線

時は18世紀。電気そのものがまだ珍しかった頃です。電気を移動するのは、夢のまた夢の話です。ところが、湿った麻紐に絹糸で吊るしたものを使って、電気を移動させることに成功しました。当時はわずかな距離でしか移動できなかったものの、ものすごい進歩です。
以降も次々と実験。麻紐の代わりに金属線を使うと、かなりの距離まで電気を送ることができるようになったのです。後の「電線」です。電気を送る技術は日本にもやって来て、電線が作られるようになりました。江戸時代に。

日本における電線の歴史

明治に入ると、電線の需要は一気に高まります。街には明かりが灯され、遠く離れた人とも電話でつながるようになりました。大正に入ると、次々と電力会社が設立。電線の製造加工も活発になったのは想像つきます。大正時代には海底ケーブルも登場し、通信技術の発展に大きく貢献。
昭和に入ると、アスベスト線・OFケーブル・ガラス巻線も登場。戦後はビニール絶縁d年線の製造も開始されました。

電線の種類は?

電線の種類は、主に電力用電線・通信用電線・光ファイバケーブル・巻線の3種類あります。電力用電線は、電気を運ぶのを目的とした電線です。発電所によって発電された電気は、鉄塔や地下に埋められた電線を通り、変電所を経て各家庭や施設に届けられます。
通信用電線は、電気信号を伝える電線です。電話は通信用電線によって、相手に伝えられるようになっているという訳です。最近は光ファイバケーブルが用いられており、インターネット接続にも使われています。巻線は機器内部にコイル上に巻かれたもので、機械エネルギーを電気エネルギーに変えて発電するものです。

電線を製造加工している業者

電線を製造加工している業者は、日本全国各地にございます。販売も承っている所もございますので、検討してみるのもいいでしょう。
ネット通販を覗いてみると、電線の販売は意外とあります。ただネット通販で売られているものになると、どこの業者が製造加工しているのかいまいちハッキリしません。生活に関係しているものになるからこそ、確実なところを選びたいものです。

【徳島県の建設業界】コロナウィルス以降建設業界は変化した?

コロナウィルスでの建設業界の変化

コロナウィルスが流行していた中行われた東京オリンピック。
当初は2020年の予定でしたが2021年に変更されました。
オリンピックに伴い建設業界も活気が一時期出ていましたが、コロナウィルスの流行によって建設業界も大きな変化が出ていました。

特に2021年には原材料である木材にゃ石材などが高騰。
さらに一時期に比べても明らかに少子高齢化の影響で若い人材の確保が難しくなり、建設現場で働く人も技術を継ぐ人が少ないと言われているのが現状です。

コロナウィルスが流行をし始めた2020年に比べると、建設業界の需要は回復。2021年は2020年よりも21%増加していると言われています。
また、公共事業の方が手持ち工事高の割合は高い状況にあり、今後2022年以降もそういった状況が続くものと思われているのです。

人材について

東京オリンピックが終了し、建設業界の人材需要は少なくなると思われておりました。
しかし、現在は逆に需要が高くなっている状況です。

こうなった原因の一つに、コロナウィルスによる生活そのものの変化、それに伴った家や職場環境を新たに改良する動きが拡大、建設需要が高まる原因になっていると考えられます。
その証拠として、コロナ前に比べるとエクステリアのリフォーム需要は近年大幅に上昇。
需要拡大に伴い、土木需要も拡大していると言われています。

それは都心部だけでなく、地方によっても同様の傾向があります。
四国は徳島県であげると、古民家を改装して仕事場や移住者に貸し与える事業も拡大。
リモートワークの普及により、日本中どこにいてもある程度仕事ができるようになったことにより、都心から地方に流れる若者も多くなっております。
これらの要因により、今後さらに生活そのものが変化していくことが予想され、生活の変化に伴って徳島の建設業界もますます人材需要が高まるかもしれませんね。

お金を貯める方法が分かる本

自分自身と同じ30代にも関わらず、すごい金額のお金を貯められた体験が書かれており、とても興味が湧き本を読みました。

なかなかお金は貯まっていかないため、少しでも本を参考にして、貯金が出来ればと思いました。

投資信託で資産運用

本の中では、投資信託を行って資産を築いた内容が記載されています。

投資信託は、名前を聞いた事がある位で、実際にどのような資産運用なのかも知りませんでした。

投資信託に関する始め方や資産運用する際の3つのルールなどが、紹介されておりとても勉強になりました。

特に3つのルールで、基準価格をチェックしながら積み立て、売却をしていく方法などは、とても参考になりました。

投資信託の内容を全くと言っていいほど、知らなかった自分でもある程度理解する事が出来て、分かり易かったです。

実際に投資信託を行う場合の注意点、筆者の方が実際に行ったルールなども、参考になる内容が多いです。

これから資産運用を検討している人にとって、とても役に立つ内容が詰まった本だと感じました。

不動産による資産運用

本の中では、投資信託に加えて不動産投資についても紹介がありました。

筆者の方は、投資信託に加えて不動産投資も行った経験が書かれています。

私は、不動産投資も全く内容を知らなかったので、一から本を読んで不動産投資に関する知識を得られました。

筆者の成功体験をもとに、不動産投資の方法などが紹介されており、実際に不動産投資をする場合には、とても役に立つ内容が多いです。

不動産投資を実践する事が出来る意思や行動力、初期投資の資金などは尊敬をしました。

シンプルな内容にまとめられているので、投資に疎い自分でも理解しやすい本でした。

まとめ

自分と同じ30代で、資産を形成している筆者は本当に凄いと感じました。

自分は本を読んで、同じように実践する事は難しいですが、将来や老後の資金作りのためにも、本を読んで投資に興味が湧きました。

本の中で、紹介されていた投資信託や不動産投資など、始め方やルールを勉強して、先々投資を始められると良いと思いました。

筆者が本当に行った投資に関するノンフィクション作品で、これから投資を始めようと考えている人には、お勧め出来る内容です。

万博で需要急増?大阪府で活動する建設工事業社

総人口800万人超えを誇る大阪府では、建設工事が毎月盛んにおこなわれています。人々が活発に行動する都市は建設需要が高く、舗装や内装仕上工事などは総人口が大きい地域ならではの急務です。しかし、そもそも建設工事とはどのような工事のことを意味しているのでしょうか。

「建設工事」の意味について

建設業に関する工事は「建設工事」と呼称されるのが一般的です。より詳しくは建設業法第2条に記載がありますが、契約内容と実際の業務内容によっては建設工事としてカテゴライズされない場合もあります。たとえば草木の伐採や施設の点検は建設という作業に当てはまらないため、建設工事には該当しません。ただし、なんらかの設備を施工する際は建設工事に該当します。このあたりの区分は判断がしにくいため、詳しくは国土交通省のホームページにアクセスして「土地・不動産・建設業」の項目を参考にしてください。

建設業界が盛り上がる大阪

2025年に開催される大阪万博の影響もあり、建設業界は大阪府に注目しています。得られる経済効果は2兆円と想定されており、建設業のほかにも飲食業や観光業が恩恵を受けられることも予想されています。万国博覧会の会場は、建設業者の手によって魅力的に仕上がるでしょう。東京五輪に引き続き、大阪万博という大規模なプロジェクトが進行する日本。建設業界の活躍が期待されます。

大阪府の建設工事会社は10000社超!

大阪には『大和ハウス工業株式会社』や『積水化学工業株式会社』を筆頭に、大手から中小企業までが幅広く営業を続けています。さまざまな企業をまとめて検索できるサイトでは大阪府のエリアごとに所在地の異なる建設業者を確認することができるため、建設工事を依頼する場合は施工期間やコストを加味しながら業者を探しましょう。万博を控えているだけでなく、元々人口が多い大阪府の建築需要は尽きません。今後の建設業界の動向に注目が集まります。