【山口市】建築において欠かせない解体業について

山口市の解体業は需要が高い?

近年、全国的に空き家や家の老朽化問題が急増しています。
空き家となってしまう原因には、家主が亡くなったものの、家を相続する人がおらずそのまま放置されてしまうことなどが挙げられます。
山口市でも人口減少や高齢化によって、
・家屋を相続する人がいない
・建物が老朽化しても直せない
という事態が多く発生しています。
この事態を重く受け止めた山口市は、2018年に「山口市空家等対策計画」を策定しました。
こうした背景から、山口市では解体業の需要が非常に高まっています。

解体業の詳しい業務内容は?仕事は大変?

解体業は読んで字のごとく、建物の解体を行う仕事です。
しかし、建物といっても木造建築、鉄鋼造建築、鉄筋コンクリート造建築など、様々な種類があり、建物の造りによって解体方法も変わることがあります。
そのため、解体業者には建築物についての幅広い知識が求められます。
また、解体業者として働くには、廃材や物資を運ぶ体力・筋力が必要不可欠です。
それに加え、解体に使用される重機を動かすには「車両系建設機械運転技能講習(整地・運搬・積込・掘削)」や「車両系建設機械運転技能講習(解体)」といった講習を受け、資格を取得する必要があります。
このように、解体業者は大変な仕事であることに間違いありません。

山口市の解体業者の求人事情

先述したように、解体業ではかなり体力を使います。
さらに重機の運転には危険が伴うため、細心の注意を払わなければなりません。
これらの背景から、需要が高いにも関わらず、現場は慢性的な人手不足に陥っています。
山口市も例外ではなく、求人サイトで解体業を探してみると多くの求人がヒットします。
山口市の解体業求人は
・アルバイト、正社員共に求人が多い
・給与は山口市の平均時給より高め
・未経験者でも応募できる
といった特徴が挙げられます。
時給や給与に関しては事業所によって違いはあるものの、山口市の平均より約2割増しの求人が多い傾向にあります。
未経験者でも応募可能という点においては「専門性が高い仕事なのに未経験で入社できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
未経験可能と記載している解体業の事業所では、新人研修や重機などの資格取得サポート制度がある場合がほとんどです。
まずは、求人サイトで気になる事業所を探すところから始めてみましょう。

建築事務所の選び方!

素敵な住居には素敵な建築事務所

素敵な住居を手にするには、建築事務所が全てを握っていると言っても過言ではありません。安い買い物ではないので、慎重にならざるを得ないもの。
建築事務所を運営しているのは、主に建築家です。実際に建築家という職業ではなく。設計士が担当することになるでしょう。設計士の多くは、建築が大好き過ぎて仕方ない人ばかり。多少の無茶振りでも、建築のためなら喜んで手掛けてくれるでしょう。

事務所を取り仕切っている建築家をチェック

建築家の多くは、建築大好き人間です。ただし人間性や性格に関しては、それぞれに違います。すごくしっかり対応してくれる建築事務所であったとしても、建築家とそりが合わなければどうしようもありません。実際に会って話を聞いてみない限りは、わからないのです。
ただ実際に対応するのは、必ずしも建築家であるとは限りません。事務所によっては、スタッフが対応する場合もございます。スタッフが対応に当たった場合は、どういった流れで建築が進められるのかを聞くようにしましょう。

実績も見ておこう

実績も要チェックです。大抵の建築事務所は、依頼主の要望に対応してくれるでしょう。ただし事務所によっては、得意不得意があるのも事実です。鍵となるのは、希望の形です。
例えばログハウス風の建物の建設を希望しているのなら、ログハウス風の建築に実績のある所が良いでしょう。バリアフリーを取り入れた建築物なら、バリアフリーに実績のある事務所に頼むのがベストです。建築事務所のサイトで実績が書かれているかと思いますので、じっくり検討してみることをおすすめします。

事務所の場所は関係ある?

建築事務所がある場所に関しては、そこまでこだわる必要はないでしょう。名古屋に住んでいるからと、必ずしも名古屋の建築事務所に頼まなければならないということはありません。ただ、名古屋で建物の建築を頼みたいのなら、名古屋の建築事務所に頼むのがベストです。
ネット通信が発達し、北極に住む人とでも交信はできるようになりました。しかし実際に建築を手掛けるのは、人の手に委ねられます。