甲府の自動車板金工場は?主なお店の特徴について解説!

甲府は山梨県の県庁所在地で、戦国大名の武田信玄が拠点にした地域です。ここでも自動車鈑金を手掛ける工場が多く存在し、今も様々な車のトラブルを解決しています。今回は、そんな甲府市内の自動車鈑金について、特徴を紹介しましょう。

個人経営が中心の甲府の自動車鈑金工場
甲府市内の自動車鈑金工場は基本的に個人経営のところが多い傾向です。他の都道府県では会社邦人になって大規模な自動車鈑金を手掛けているところも少なくありませんが、甲府では個人店中心です。ただ、個人店であっても小回りの聞く自動車鈑金や本来では部品交換のところ、修理をきちんと行うところもあるので、決してサービスが悪いというわけではありません。実際50年以上経営しているところもあれば、トヨタやホンダのディーラーと提供している自動車鈑金工場もあります。

自動車鈑金の作業内容について

自動車鈑金は元雄と車のへこみ傷等ボディーを中心とした修理をしてくれるところです。ひっかき傷やこすり傷といった軽いものからボディがえぐれたような事故車両についても修理します。また、自動車整備工場を併設しているところも多いので、内部や駆動部を含めたトータルの修理をしてくれる自動車鈑金向上も少なくありません。もし、車を傷つけてしまったら、まずは自動車鈑金工場に相談してみるのもおすすめです。

自動車鈑金と建築板金との違いは?

板金屋さんといえば、今回紹介している自動車鈑金の他に建築板金もあります。建築板金は、自動車鈑金を扱うことがなく、主に雨水を通す樋や金属屋根の部分を修理したり、建築工事で設置したりします。自動車鈑金は、自動車の分野ですが、建築板金は建設業の一つといえ、同じ板金屋さんでも全く異なる分野で活躍している専門職といえるでしょう。家のトラブルで困ったら建築板金、車のトラブルで困ったら自動車鈑金に相談するという形で、二つの板金屋さんを効率よく利用するようにしましょう。

東京マラソンでも活躍!中継車とは?その秘密も!

東京マラソン、箱根駅伝、競歩の大会など、一般道を長距離に渡り戦いが繰り広げられる種目の中継に欠かせないのが「中継車」です。
皆さんも、一度はテレビ中継などで目にしたことがあることがある、トラックにも似た大きな車です。
今回は東京で活躍する中継車の中の秘密や、長距離陸上競技以外の使用方法もご紹介します!

東京マラソンで気になった中継車。その役割とは?

中継車は、放送局に電波中継することが目的です。
マラソンや駅伝などのロードレースに使われる中継車は「移動中継車」と言い、選手やレース展開を映すためのカメラや、コースに走る選手や沿道の声援を拾うためのマイクを搭載しています。
また、実況中継に欠かせないアナウンサーが乗る実況咳などがあり、ロードレースの様子をリアルタイムで皆さんにお届けするために走っています。
中継車となる車種はバスやトラック~セダンタイプの車、バイクまで様々です。
ロードレース以外のスポーツや、ニュースの報道現場の電波中継の為に使われたり、舞台やコンサートのライブ配信の為に使われたりと役割は様々です。

中継車の中はどうなっているの?

中継車の目的によりますが、中にはたくさんのモニターとスイッチがあることが多く、まるで放送スタジオさながらです。
生放送の中継などに使われる小さめの中継車でも中にはディレクターやビデオスタッフ・音声スタッフなど3~4名が入って作業できるほどのオペレーションルームとなっています。
他にも移動中継車には、車体の後ろ側にラジオブースのような実況席があり、その足元にカメラマンが入り操作するブースがあります。

ちなみに、中継車にある無線局部分は、第二級または第三級陸上特殊無線技士の資格者でなければ操作はできないのです。

中継車は個人でも買えるの?キャンピングカーにリメイクも

国内では基本的にテレビ局やラジオ局などが所有している中継車ですが、個人でも購入所有することはできるのでしょうか?
結論を先に言うと「個人購入・所有はできます」!
目的としては「ネット配信車」として使ったり、「アマチュア無線」を楽しむために購入されていました。
また、動画配信で中継車をキャンピングカーにリメイクしている方もいらっしゃいました。

今回はロードレースや報道で活躍する中継車についてお伝えしました。
今後、街で見かけることがあったら、陰ながら応援したくなりますね。

遠賀郡で鈑金塗装を依頼したい!鈑金塗装を依頼する時の注意点も!

遠賀郡は福岡県の海沿いにある郡で、遠賀町・芦屋町・水巻町・岡垣町の4つの町からなっています。
海も山もある自然豊かな環境で、他市へ仕事に出ている方たちのベッドタウンがあります。
様々な名産品があり、旅行で訪れて海沿いをドライブするのも楽しめるのではないでしょうか?
今回は遠賀郡で鈑金塗装を依頼しようと思っている方に向けて、鈑金塗装を依頼するときのポイントや注意点を紹介します。

鈑金・板金塗装とは?

鈑金塗装とは、主に事故などでダメージを受けたクルマの外装パーツを修理・塗装で綺麗にすることです。
鈑金とは車の傷ついり、凹んだりした部分を直すことで、損傷部位の塗装を剥がす工程も鈑金作業の一つです。
凹みは裏側から叩いたり、面側から引っ張ってもとの形状に戻します。
損傷の激しいパーツは交換をしますが、交換も鈑金作業の一つに含まれます。
塗装とは、塗装の剥がれた部分をパテなどで下地処理する工程から、塗装の磨き上げまでが塗装作業になります。

板金塗装はセルフでも出来るのか?

基本的に細かなすり傷程度であれば、市販のコンパウンドなどを使用して自分で修理することが可能です。
凹みなど、大きな傷になると自分で直すのは難しくなるでしょう。
車などは少しの傷からでも、すぐに錆びていってしまうので早めに修理するようにしましょう。
大きな傷の場合は自動車保険が適用できることもあります。
自動車保険を使用した場合、等級が下がってしまい保険料が高くなるので、修理費があまりかからない場合は実費で修理をすることをお勧めします。

遠賀郡で板金塗装をするなら

遠賀郡は山があり小石などで車が傷つきやすく、海からの潮風で錆の進行が早くなる可能性があります。
小石程度でつく細かい傷ならば自身でサッとコンパウンドをしてしまう方が早いですが、しっかりと業者に出して板金塗装しだ方が安心です。
板金塗装にかかる費用は車両の色や傷の大きさにより変わるので、色々な業者に見積もりをしてもらうと良いでしょう。

関東で事故車両は修理しない方法もある

事故車両のまま放置しているとどうなるか

事故車両に処理に悩んでいる方に向けてです。
あらかじめ知っておきたい方にも参考にしてください。
小さなへこみでも一度歪むと見た目は綺麗ですが、良くはなりません。
車体に傷がついていると錆びてきます。
大破して車が乗れなくなっても維持費の税金はかかります。
車検も切れてきて、車庫から出せないような状態になります。
出庫するには、レッカー車運ばなくてはならなくなります。
関東で事故車両は、放置したままだと車体も古くなり劣化してきます。
型も古くなってきて価値も下がってきます。
移動しないまま放置しておくと罰せられます。
早めに対処することで。通常の生活に戻ることができるでしょう。

処理しない方法修理しない方法とは

事故を起こした場合に保険に入っているのであれば、保険金を受け取ることはできます。
事故車は修理が高額になります。
買い替えの頭金にする方が安い場合もあるのです。
関東の事故車両は必ずしも保険金は修理代に当てないといけない決まりはありません。
修理工場の見積もりをおこなっておくとよいでしょう。
保険金請求の参考になるからです。
明らかに乗れない場合の見積もりは不要です。
一度保険金を受け取ると、保険料が増額になることがある点に注意が必要です。
保険金が適用にならない場合には、売却する方法もあります。
通常の車よりも価格が下がる可能性はありますが、事故車でも買い取ってもらうことが可能です。
パーツのみを取り除いて使用できることもあるからです。
1から材料をつくるよりもリサイクルしたほうが、安く済むので、工場側もメリットがあるからです。
関東の事故車両の買い取りなら、廃車買取業者の専門店に相談してみましょう。
引き取りは無料のところもあります。
全国対応のところもあります。
ネットで簡単査定を行なっているところもあるので、試してみてください。
早めに処理を行うことにより、支払った自動車税の還付がある時があります。